宣伝会議が発行している「広報会議」が、2019年に発覚した企業不祥事に関して「最もイメージダウンした出来事」のアンケート調査を実施し、結果を発表した。

2019年 イメージダウンした“不祥事ランキング”

2019年1月~10月に発覚した企業不祥事12件のうち、著しくイメージダウンした出来事を上位3例まで選択してもらったところ、1位は「かんぽ生命・ゆうちょ銀行で不適切販売が発覚」(48.7%)に。

以下、2位に「レオパレス21の建築基準法違反発覚」(38.5%)、3位「吉本興業で相次ぐタレントの不祥事と事務所の対応」(37.3%)と続いた。

2018年はスポーツや大学に関連する不祥事が多く目立ったが、2019年は大手企業の不正に関するニュースが相次ぎ、組織風土やコンプライアンスが問われる事態となった。

以下が1位から10位のランキングになる。

1位:かんぽ生命・ゆうちょ銀行で不適切販売が発覚(48.7%)
2位:レオパレス21の建築基準法違反(38.5%)
3位:吉本興業で相次ぐタレントの不祥事と事務所の対応(37.3%)
4位:関西電力の幹部らが高浜町の元助役から金品受領(29.7%)
5位:セブン・ペイがセキュリティ問題で撤退発表(21.3%)
6位:日産・ゴーン逮捕と西川廣人CEO解任(19.9%)
7位:食べログなどの口コミ評価問題、公取委が実態調査(6.2%)
8位:リクナビが「内定辞退予測」企業に販売(4.4%)
9位:「宅ふぁいる便」大規模な個人情報漏えいでサービス停止(3.8%)
10位:カネカ、元従業員妻がTwitterでパタハラ告発(2.1%)

また、2018年の1位は日大アメフット部 悪質タックル問題(58.1%)、2位は「はれのひ」成人式の日に突然の営業中止(48.2%)、3位にレスリング・伊調馨選手、栄和人氏をパワハラ告発(22.6%)となっていた。

【調査概要】
広報会議編集部「2019年に発覚した企業・個人の不祥事」に関するアンケート
調査方法 :インターネットリサーチ
対象   :全国、20~69歳の男女
期間   :2019年11月7日~8日
有効回答数:1000
調査機関 :クロス・マーケティング