コードミーは、20代から30代の男性を対象に5問の質問とSNS投稿データをAIで解析した結果をもとに、約3,000パターンから最適なアロマを選定し、毎月自宅に届けるパーソナライズアロマサービス「コードミー ワン」の事前登録を2月15日に開始した。「サービスページ」に登録したユーザーには、4月上旬の販売開始に先立ち、香りの診断システムの公開や購入方法に関する最新情報を配信するという。

「コードミー ワン」は、一人ひとりの体の性質や住環境、性格のインサイトに対応し、香りの好みに加えストレス軽減、安眠効果などが期待される、アロマミスト1本を、定期的に自宅に届けるサービスだ。

新たな香り診断に加えSNSの投稿データからAIがユーザーの性格の現状を把握し、香りの好みに加えてストレス軽減が期待される機能性を考慮した調合アロマがリコメンドされる。

特徴は以下のとおりだ。

  • SNS連動、AIを活用した3,000パターン以上の香りのパーソナライズ
  • 持ち運び簡単、いつでもどこでも気軽に使える利便性の高いプロダクトデザイン
  • 厳選された国産精油をメインに活用した天然100%の香り
  • 半径50cm以内 瞬時に消える、ほのかな香り
  • 価格

    月額1,800円のサブスクリプションコマース
  • 容量

    8ml(1カ月分を想定)
  • 使い方

    空間や寝具、洋服の襟元、袖などユーザの好みで使用。

コードミーでは、世の中でパーソナライゼーションのサービスに注目集まり、かつ健康的な暮らしを支えるヘルスケアの分野に大きな期待が寄せられるなか、アロマのパーソナライゼーションサービスに取り組んできたという。

同社での約1年間の検証試験の結果、より簡易的な香り診断プロセスと、AIでパーソナライズされた最適なアロマ1本を使いやすい形で定期的に届けしてほしいとの声があったため、同サービスの開始に至った。

同社は、多くの人がストレスに悩まされ、嗜好品への依存が由々しき問題である現代、「コードミー ワン」が健康的なリフレッシュ手段となりうると考えている。

今後は、3月中に新しい香りの診断システムを公開し、4月上旬に販売開始予定。その後、企業との連携を強化しながら働く場の環境改善を見据え、目的に合わせて特定の空間をデータにもとづく自社調合アロマで演出する事業を展開する方針だ。

【関連リンク】

「香り×テクノロジー」新しいライフスタイルを提供する。ー 株式会社CODE Meee 太田 賢司

img:PR TIMES