みずほ銀行と凸版印刷は2018年12月6日、AIを活用した校閲・校正支援システムの実証実験を2018年12月から開始すると発表した。

この実証実験は、凸版印刷が開発したWebや情報誌の編集業務の最適化を実現するAIを活用した校閲・校正システムを導入し、みずほ銀行の広告制作物における校閲・校正業務の自動化を検証するもの。

人の手を使ったアナログでの業務について、デジタル化および最新AI技術の導入により、校閲・校正の精度向上を目指す。

AIの活用で業務の一部を自動化業務の精度向上を目指す

企業の制作物における校閲・校正業務は、膨大な作業量やスキル・ナレッジが属人化しがちという課題があり、業務負荷の軽減と経験値に左右されない校閲・校正精度の安定した品質が求められているという。

今回、制作媒体においてチェック項目や専門用語など、金融業界における校閲・校正業務の自動化を実現するべく、同システムを用いた実証実験をみずほ銀行で実施する。

このシステムは、制作媒体における校閲・校正業務において、AIを活用して業務の一部を自動化し、校閲・校正業務の精度向上と作業者の業務負荷軽減を目指す。

凸版印刷がさまざまな企業の媒体制作を通じ、従来から培ってきた校閲・校正ノウハウとAIを活用することにより、精度の高い校閲・校正システムを開発した。

また、従来は検出できなかった「助詞」や「漢字変換」などの誤りについて、ディープラーニング(深層学習)などのAI技術を活用することで、検出を可能にした。

標準機能の「正しい日本語チェック」に加えて、ユーザーごとの個別のチェックルールに合わせて柔軟なカスタマイズが可能だ。作業者の校閲・校正業務を幅広くカバーする。

今後、みずほ銀行は今回一部広告制作物を対象に実証実験を実施し、今後広告制作物全般の校閲・校正業務へ同システムの適用を拡大させていく予定だ。

一方、凸版印刷は、実証実験を通じた効果検証により、同システムの精度向上と汎用サービス化に向けての取り組みを進ていくという。

img:みずほ銀行