ふるさと。
それは、いつでもあなたをあたたかく迎えてくれる場所。
無条件に、あなたを歓迎してくれる場所。
帰る場所があるというしあわせ。

あなたは自分のふるさとのことを、どのくらい知っていますか?
あなたが生まれた町や、そこに生きる人びとのことをよく知らずに、地元を出て行く人も多いはず。ふるさとのことをもっとよく知ってもらうために、福井県大野市で行われた取り組みが話題になっています。

大野へかえろうプロジェクト

福井県大野市。福井市から電車で1時間弱。
山々に囲まれた町で、天空の城と呼ばれる越前大野城が有名な城下町です。

天空の城

名水のまちとしても有名で、湧水地が町のいたるところにあります。

義景清水

そんな自然豊かで歴史に彩られた大野市ですが、人口が流出しています。
「出て行くな」とはいわない。でも、どうせなら地元のことをもっとよく知ってから離れてほしい。若いうちに多くのものを見て、聞いて、経験して・・・それを大野に持って帰ってきてほしい。地元で生きる大人をよく知って、将来生きる場所の選択肢のひとつとして、大野を覚えていてほしい。
そんな願いを込めて、大野ポスター展総選挙が開催されています。ポスター制作を通して地元の魅力を再発見し、地元のおもしろい大人たちと関わりをもってもらおうという狙いです。

大野ポスター展

出典:大野ポスター展総選挙

出典:大野ポスター展総選挙

出典:大野ポスター展総選挙

出典:大野ポスター展総選挙

出典:大野ポスター展総選挙

出典:大野ポスター展総選挙

大野ポスター展 プロジェクトムービー

大野市出身の高校生や大学生たちが、地元で働く大人たちを題材に作り上げたポスターの数々、全部で36作品あります。わずか4日間で、取材・企画・撮影まで行うハードスケジュール。初めて手にする一眼レフ、初めて考えるキャッチコピー、ゼロからイチを作るという生みの苦しみを味わいながらも、全員が最後までやり遂げました。

出典:大野ポスター展総選挙

大野ポスター展総選挙投票ページはこちら

越前おおの結ステーション、JR越前大野駅前、道の駅 九頭竜、ショッピングモールVioのほか、webでも投票が可能。複数のポスターに投票することができます。大野に住んでいる方も、大野を離れて暮らしている方も、大野にゆかりがない方も、高校生・大学生の力作にぜひご投票ください!

 

【Google Map】大野ポスター展

2015年に福井県大野市で行われたポスター展にご協力いただいた店舗さんをまとめた地図です。魅力あふれる人柄に、大野市がもっともっと好きになることでしょう。市民の方も観光客の方もご活用下さい。そして是非、「ポスター見たよ!」と言ってあげてください。

 

大野の大人たちが若者に伝えたいこと

このプロジェクトのいちばんの目的は、大野の若者と大野で暮らす大人たちとの関わりを作るということ。一緒にポスターを作る中で、自分の町で暮らす大人たちがどんなことを考えながら生きているのか、大野のよさとは何なのかを自然と考えるきっかけが生まれました。

モモンガコーヒー

東京へ出てサラリーマンを経験し、大野へかえってきた店主さん。大野を出ると決めたときは、大野の良さなんて考えたことすらなかったそう。自分の店を持つと決めて福井へ帰ってきて改めて気づいたことは、この歳になって出会った仲間たちが素敵な人ばかりだということ。こういう人たちを知らなかったから、大野の良さに気づくことができなかったのかもしれないと話します。大野で生きる人々の人柄の良さ、自然のありがたさに気づいた今、大野は可能性にあふれた町だと思います。でも、自分も1回は大野を出た人間として、若い人には多くのことを経験してもらい、自分を高めてほしいそう。そうしてこそ、本当の大野の良さに気づくのかもしれませんね。

ポルタ

東京の大学を出たお母さん。自分も大野を出たからこそ客観的に見て大野の良さがわかるそう。自分の夢を追いかけて、その先の選択肢に大野があれば嬉しいと話してくださいました。

旅館 ふじや

京都からお嫁に来た若女将。自然いっぱいで水もおいしく人もあたたかい。ネットで情報やモノが手に入るこのご時世、大野での暮らしで困ることはなく、環境も良くて欲しいモノも手に入るなら大野で十分!と笑顔で話してくださいました。

タケイパワージム

大野の水に惚れ込んで移住してきたお父さん。360度を山に囲まれたこの町は、都会の喧騒を離れ、ゆったりとした人が多くて住みやすい町といいます。

松田陽明堂

「結の故郷(ゆいのくに)」と豪語するほど人と人とのつながりを大切にする大野。あたたかい人に囲まれて、子育てにはもってこいの場所だとお菓子屋さんのお母さんはいいます。そのお母さんの元気な人柄から、大野が「結の故郷」と謳う理由がわかるような気がします。

真名鶴酒造

小さな会社で最終製品まで作って、それが海外まで行くのが嬉しいと語る酒屋のお父さん。場所とか規模とか関係なく、1から10まで酒造りの工程に携われるということでやりがいを感じているそう。大野でしかできないこと、大野でもできること、自分次第でたくさんの選択肢がありますね。

高宮写真館

一度関西へ出て、写真の勉強をして帰ってきた写真館のお兄さん。昔から地元大野のことが大好きで、もともと帰ってくるつもりで外へ出たそう。これからの大野は、お兄さんんみたいな若者にかかっているかもしれません。

 

あなたにとってのふるさとは何ですか?

都会のような華やかさはないかもしれませんが、自然や人とのつながり・・・、現代人が日頃忘れがちになっている大切なものを思い出させてくれる町です。
あなたにはふるさとがありますか?ふるさとの良さはなんですが?自分の故郷に思いを馳せ、あらためて考えなおしてみるともっと故郷が好きになるかもしれません。

結の故郷、越前おおのに住む